ホーム>ブログたいらかな日々>たいらかカルチャー
特定非営利法人たいらか
ページ上部へ

たいらかカルチャー

芸術鑑賞

秋とは思えない暑い日が続きますが、食欲の秋、芸術の秋は
健在です。

日本美容専門学校様よりご招待いただき、サントリーホールに
芸術鑑賞に行ってきました。

2019107134350.JPG

パイプオルガンの荘厳な響き、バイオリンとソプラノの
優雅な調べに、あっという間に時は過ぎ、癒しのひと時となりました。

明日からの活力につながります。
ご招待いただき、ありがとうございました。

エブリィ作品展

みつ蛍で9月27日~29日まで開催された、エブリィ作品展に、
さをり織りやオリジナル製品を展示、販売で参加させていただきました。

201910815454.JPG201910815444.JPG

織り機も置いてあり、さをり織りを体験することもできます。

たいらかの製品販売もしていただきました。

2019108154557.JPG201910815473.JPG

多くのかたに見ていただき、製品もご購入いただけました。
地域に根付いた、暖かい空間でした。

 

 

 

ラッピング

エブリィ作品展に向けて販売準備をワークスでお行いました。
さをり織りの小物たちを可愛くラッピング。

台紙の穴あけは、位置を確認しながら、丁寧に行いました。

201910817541.JPG201910817636.JPG

製品の色と台紙の色を考えて組み合わせながら、手際よく、丁寧に袋詰めしていきました。

201910817730.JPG201910817822.JPG

お客様に手にとっていただくのが楽しみです。

調理

久しぶりの調理のメニューは「とろろご飯」と「豚肉の塩麹焼き」です。

2019107135110.JPG2019107135219.JPG

具材の下準備は手際よく行います。

2019107135441.JPG2019107135543.JPG

一晩漬けておいた豚肉を、丁寧に焼いていきます。
甘味たっぷり、やわらかくて美味しい豚肉の塩麹焼きの完成です。

さをり織り(みつ蛍編)

みつ蛍に習いに行って行うさをり織りでは、経糸のせ成経も行っています。
一つ織りあがると、次の経糸を何色にしようか選ぶのも楽しみの一つです。

201992153146.JPG

同じ横糸を使っても、経糸によって全く違う表情となります。

201992155238.JPG

春から初夏にかけて製作していたさをり織りが仕上がりました。
織り機から外して、初めの頃の織りを思い出したり、全体を眺めたり
うっとりしています。

20199215365.JPG201992153837.JPG

続々と、素敵な作品が仕上がって華やいでいきます。

 

 

スープカレー

夏季休業前最後のカルチャーは、夏にぴったりの「スープカレー」作りです。

201992152335.jpg

お野菜たっぷり、手羽元からも出汁がでて、旨味が増していきます。

201992152533.jpg

サラダも手際よく準備しました。

20199215248.jpg

丁寧に盛り付けをして、夏野菜たっぷりのスープカレーの完成です。

201992152447.jpg

とっても美味しく出来上がりました。

 

さをり織り(たいらか編)

たいらかで紡ぎだされるさをり織りは、クリムト展を観に行ってから、ラメの糸が入るようになりました。
ポイントポイントに効果的に差し込んでいきます。

201989162137.JPG201989163044.JPG

織り始めはやりずらいのですが、しっかり手で整えながら真っ直ぐ、細かく織っていきます。

201989162924.JPG20198916303.JPG20198916395.JPG

見る角度によって、様々な表情を見せてくれるさをり織り。とても明るい気持ちになれます。

201989163157.JPG201989163257.JPG

もう過ぐ織り上がります。仕上がって織り機から外す時間も、楽しみです。

 

7月の創作

カルチャーの「創作」では、今月もそれぞれに応じたテーマで取り組んでいます。
最近では、まず始めはデッサンから行い、基礎的なものを取り入れました。
最初はうまくいかなくても、回を重ねるごとに技法を取り入れ、バランスが良くなってきています。

201989154253.JPG201989154158.JPG

自分の好きなテーマを好きなようにくり返し描いたり、テーマをもとにして一工夫を加えたり、
自己流のアレンジをしたり。。。

201989154819.JPG20198915499.JPG

201989155553.JPG20198915588.JPG

そして、来年のカレンダー制作に向けて、今年も作品の選定が始まりました。
201989155353.JPG201989155459.JPG

どんなカレンダーになるか、楽しみです。

さをり織り(経糸成経編)

今年度から、たていとの成経は先生に教えていただきながら(手伝っていただきながら)
自分たちで少しずつ取り組み始めています。

20198916354.JPG20198916319.JPG

まずは、色選び。好みの糸を選んだとしても、たて糸にするには不向き(弱い)場合もあり、先生にアドバイスを
いただきながら相談して決めていきます。

20198916230.JPG20198916449.JPG

竿に通して準備をするのは、細かくて根気のいる作業ですが、徐々に慣れてスピードアップ!!

20198916105.JPG201989161034.JPG

ピーンと張って、しっかり結んでいきます。

20198916710.JPG20198916751.JPG

時や場所によって選ぶた糸の種類も変わり、たて糸をキャンバスとして紡ぎだされるアートに期待が
膨らみます。

三色丼

カルチャーの調理メニューは「三色丼」と「お吸い物」です。

三色丼の鶏肉は、和食のレシピに沿って、火を通したらざるにあげて水気を切りました。

201982161820.JPG201982161439.JPG

卵は、割ってみたらびっくり!!黄身が二つ入った双子のたまごでした。
何か良いことが起こりそうで嬉しくなりました。あとは、焦げ付かないように頑張って混ぜていきます。

201982161638.JPG201982161750.JPG

三色そろったところで盛り付けです。お吸い物もつけて、華やかな三色丼が完成しました。

201982162013.JPG201982162051.JPG